商店街の歴史

背景

桑名は中世より「十楽の津」と呼ばれ、商人の港町と交易の中心地として発展した。永正12年(1515年)頃の連歌師・宗長の手記では「港の広さが5、6町。寺々家々の数が数千軒、停泊する数千艘の船の明かりが川に映って、星のきらめくように見える」とある。

江戸時代には東海道宿場の整備も行われて、伊勢の国、三重県桑名市は東海道五十三次の宿場町(七里の渡し)として栄える。

「その手は桑名の焼き蛤」とは、宿場町として栄えた江戸時代につけていただいた「歴史上最高のキャッチコピー」と言える。

更に、桑名特産品である「志ぐれ蛤」は、当時、松尾芭蕉の高弟の一人である各務支考が、ここ寺町通り商店街にある本統寺に宿泊の際、「蛤の美味しい時期は11月ごろ」「それは俳句の季語で言う時雨(しぐれ)の時期」ということで「時雨蛤(しぐれはまぐり)」と命名したことが始まりという。

幕末~明治期は、豪商諸戸家がおり、その邸宅である「六華苑」は鹿鳴館で有名なイギリス人建築家ジョサイア・コンドルが設計したものである。

昭和に入ると大きな戦争があり、桑名も空襲を受けた。本統寺の「親鸞聖人像」の傘の穴が空襲の被弾を今も物語る。戦後の闇市もたち、そんな時代も桑名の商人はたくましく立ち向かってきた。


取り組み

昭和 30 年前後     毎月3と8の付く日の朝市「三・八市」が始まる。
昭和 38 年アーケードを整備
昭和 48 ~ 49 年カラー舗装が整備される。
昭和 61 年桑名市寺町通り商店街振興組合を設立。現在のアーケードに修繕。
平成 15 年ふれあいカード事業」開始。(2,000名を超える利用者)
平成 17 年毎月第3日曜日に「十楽市」をスタート。