三八市 ~桑名の「台所」ここにあり~

江戸二百六十余年、東海道の宿場町、
港町として栄えた城下町・・・桑名。
人情と食の文化が息づいて、ここ繁華な町、
寺町に風土と海山の旬が集う・・・
桑名市を代表する朝市「三八市」を中心に、地元に密着した近隣型商店街として支持を得ています。 現在商店街裏を通っている掘の整備が進み「河津桜」が植樹され、桑名の春は、寺町の花見イベントからと、観光にも力を入れた商店街です。